さまざまな傾向がある

診察

なりやすい性格

従来型と異なる非定型うつにも、いろいろなタイプがあります。未熟型といわれるタイプは、上司や他人のせいにするなど、他者に対して攻撃的な態度を取る他責傾向が強く、しばしば自己愛的なものが認められます。また、会社への忠誠心や職場の仲間との連帯感、職場への帰属意識が希薄で、無自覚ですが、他者への配慮に欠けることが多いのが、現代型タイプです。その一方で、自分の楽しみやこだわりを持っており、読書や音楽、映画などではなく、特殊な趣味には熱心であったりします。それ以外にも、20代後半から40代のキャリア、エリートサラリーマンなどによく見られるのが逃避型です。職場の配置転換や上司との関係がうまくいかなくなったときになどに発症する人がほとんどです。病気という自覚に乏しく、治療へのモチベーションが低いのが特徴になります。症状では、過食が見られることが多いです。他人からの問いかけに反応が鈍く、無表情かと思えば、攻撃的に急になることもあります。このようなケースは、非定型うつの中でも、重症といえる場合に見られることが多いです。非定型うつは、従来型と比べて病前性格も異なっています。割と自分は特別だと考えているところがあり、その気になれば自分はできるなどの根拠のない自信を持っていることが多いです。そのため、仕事にはそう熱心でない人が多く、周囲との協調性に欠け、嫌なことはとことん避ける傾向にあります。加えて、自分ができないことや納得のいかないことを、他人や周囲のせいにしたがります。そして、決まりごとや暗黙のルールに対する反発感や嫌悪感などに強くストレスを感じています。仕事など、期限内に終わらせなければならないことには、特にストレスを感じやすい性格です。これらをいくつか併せ持っている人は、非定型うつになりやすいとされています。こうした病前性格に加えて、幼少期の生育環境なども大きく発症に関係しています。独り立ちしてしかるべき年齢、職業、社会立場にありながら、周囲からみると些細なことをきっかけにうつを発症し、あまり回復しないというのが非定型うつの難しい部分です。自らの性格傾向を把握し、予防策を講じることが大切です。

女性

拒絶過敏性に効果あり

拒絶過敏性など、非定型うつ病に多い症状を治せるため、治療を受ける際は認知行動療法という方法も覚えておきましょう。非定型うつ病を治す時は精神療法に対応する医療機関を探し、休職も視野に入れるならリワークプログラムが充実する所をお選びください。

詳しく見る

医者

どう接するべきか

非定型うつの人の治療にも、家族のサポートは欠かせません。従来型と異なり非定型うつは、治療の進行具合によって、接し方を変えていくことが大事です。また、本人自ら外に出るようにし、人と接する機会を極端に減らさないことが大事です。

詳しく見る

男性

多方面からアプローチ

非定型うつの治療は性格傾向や病態のタイプに考慮しながら、多方面からのアプローチが必要です。もともと、逃避傾向が強いため、治療中にますますリアルな世界から離れることがないように、ネット閲覧などに集中しすぎるのを避けることが大切です。

詳しく見る

看護師

よく現れる症状は

非定型うつ病の症状は、気分反応性や鉛様麻痺、拒絶過敏性などが代表的です。脳内の神経伝達物質と性格が影響していると考えられるので、精神療法と薬物療法がセットで行われます。幼少時からの考え方が大きな発症要因とされるため、認知行動療法が有効です。

詳しく見る

診察室

早めの治療が大事

非定型うつは定型うつと違って、好きなことをしている時は症状が出てこず、ストレスを感じる場所に行くときになればうつの症状が現れてくる病気です。周囲から理解を得にくい病気なので放置する人もいますが、治療は早めに行うことで治りも早くなります。

詳しく見る

人気記事

女性

拒絶過敏性に効果あり

拒絶過敏性など、非定型うつ病に多い症状を治せるため、治療を受ける際は認知行動療法という方法も覚えておきましょう。非定型うつ病を治す時は精神療法に対応する医療機関を探し、休職も視野に入れるならリワークプログラムが充実する所をお選びください。

詳しく見る

医者

どう接するべきか

非定型うつの人の治療にも、家族のサポートは欠かせません。従来型と異なり非定型うつは、治療の進行具合によって、接し方を変えていくことが大事です。また、本人自ら外に出るようにし、人と接する機会を極端に減らさないことが大事です。

詳しく見る

男性

多方面からアプローチ

非定型うつの治療は性格傾向や病態のタイプに考慮しながら、多方面からのアプローチが必要です。もともと、逃避傾向が強いため、治療中にますますリアルな世界から離れることがないように、ネット閲覧などに集中しすぎるのを避けることが大切です。

詳しく見る

看護師

よく現れる症状は

非定型うつ病の症状は、気分反応性や鉛様麻痺、拒絶過敏性などが代表的です。脳内の神経伝達物質と性格が影響していると考えられるので、精神療法と薬物療法がセットで行われます。幼少時からの考え方が大きな発症要因とされるため、認知行動療法が有効です。

詳しく見る

Copyright© 2018 非定型うつは正しく治療しよう【自らの性格傾向を把握】 All Rights Reserved.